sighbo.gif (12144 バイト)

triumph TR-7     トライアンフ・TR−7 プロジェクト

2004年3月12日

今後の計画       売却決定。

錆びあります。鉄チンです。ホイールカバー無し。

ガラスはOKです。錆びあります。

 

ホイールカバーです。タイヤは終わっています。

スポンジのはがれあります。カーステレオは、はずしてあります。動作は?です。

先端、穴明きです。1箇所です。

錆び、はがれです。

 

キャンパストップは、水漏れありません。スムーズに開閉します。手動です。

新品ドアパネルです。スピーカー、灰皿、取っ手のカバーありません。パネルのクリップありません。

補修部品です。その他、ダンボール2箱あります。

 

イギリスのフェアレディZのTR-7です。座った感じがそっくりです。私の最初の車はZでした。

TR-7はエンジンがしょぼいです。今の課題はブロックからの冷却水漏れです。

02年01月01 RIMMER BROSよりクラッチリペア、右ドア内張り購入 ¥25,000

5月23日  ウォターポンプばらし、ローター緩まず。


2002年4月1日 ウォターポンプばらし、ブロックから漏れているようだ。

10.14 クラッチマスターシリンダーばらし、磨いてOK。クラッチOK。イギリスから部品来た。

10.8 錆び止め、プロペラファンはずす。音OK。アイドリングーキャブシリンダー交換、タイミング調整
     アクセルエワイヤー調整、タイミング調整。ーーアイドリングOK。ところが!!
     水漏れ、やばい!!インテークマニホールドの下。
10.2 クラッチ、ドア発注。
9.29 プラグ交換、プラグコード2本交換、ライト動かない。ウオッシャーNG、
     シートベルトは1977年製。結論ーーロングノーズショートデッキ、これはZだ。
9.15 エンジンOK。うるさい。
9.4 リペアマニュアル、オークションで落とした。1500円。
8.11 動かして場所変えた。
7.29 スペア部品より黒いドアミラーつけた。
7.13 洗車、エンジン起動、しゃっくりうるさい。エアコンコンプレッサーはずす。
     ベアリングに問題。クラッチ切れない。

7.12 1:30来た。格好OK、キャンパストップOK、右ドアパネル無し、錆びあり。

2001.6.8  1979年式、白、5F、キャンパストップ、左H、クラッチNG、富山
          オークションで落とした。

スペック
全長×全幅×全高:4060×1670×1280mm
ホイールベース:2160mm
車両重量:1140Kg
エンジン形式:水冷直列4気筒OHV、フロント縦置きリアドライブ
ボア×ストローク:90.3×78.0mm
総廃棄量:1998cc
圧縮比:8.0
キャブレター:zenith strombergs×2
最高出力:ps/rpm
最大トルク:kg−m/rpm
サスペンション:マクファーソンストラット+コイル/トレーリングアーム+コイル
ブレーキ:Fデイスク Rドラム
タイヤ:175・70SR13
 
        Rimmer Brothers - Triumph Car Spares