sighbo.gif (12144 バイト)

BMA NUOVA-AMICAの取り扱い説明書を復元したものです。

2002/04/24

bma.jpg (20453 バイト)

AMICA 50cc

使い易さを増すために

1)燃料

  20:1の混合ガソリンをお使い下さい。

  注:必ずオイルは、2サイクル用をお使い下さい。

2)鍵

  下記(図1)のような、三種の鍵が付いていますので間違いのない様、使用して下さい。

key.jpg (7835 バイト)

3)試運転期間

  重大な用心をする必要はありませんが、最初の500Kmまでは、エンジンに、過大な負担をかける

  ような、運転は避けて下さい。尚、時速30Km以上、回転を上げないようにして下さい。

4)その他の注意点

  運転するに際して、当初はなるべく人通りの多い場所は避けて、また、窓を開けて、他人の人にも

  アドバイスをしてもらい、順次、慣れて下さい。

 

inpane.jpg (34230 バイト)

1.方向指示器レバー(レバー上で右折)

2.ヘッド・ライト切換レバー(レバー後)

3.クラクション

4.チャージ・ランプ

5.方向指示器パイロット・ランプ

6.スピード・メーター

7.ワイパー・インジケーター

8.ハイ・ビーム・パイロットランプ

9.暖房吹き出し口

10.ワイパー・スイッチ

11.ヘット・スモール・ランプ・スイッチ

12.セル・スイッチ

13.ウォッシャー・スイッチ

pedal.JPG (10809 バイト)

1:チョーク・レバー

2:アクセル・ペダル

3:ブレーキ・ペダル

4:クラッチ・ペダル

saido.JPG (11819 バイト)

1:サイド・ブレーキレバー

2:燃料開閉コック a.予備 b.閉 c.開

3:前後進切換レバー a.前進 b.中立 c.後進

4:シフト・レバー

5:暖房温度切換レバー

sift.JPG (8150 バイト)

◎シフト・レバー ”0”中立 ”1”1速(手前) ”2”2速 ”3”3速

◎操作手順その他

1)エンジンの始動

  まず、燃料開閉コック(図5-2)を”開”(b)の位置にしてあるか確かめ、前後進切換レバー(図5-3)を中立(b)及び、

  シフト・レバー(図5-4)を中立”0”の位置にします。尚、クラッチ・ペダル(図3-4)は、踏まずに、はなしておいて下さい。

  次に、スターター・キー(図4)を”C"の位置まで回し、アクセル・ペダル(図3-2)を2〜3回あおって下さい。エンジンは、

  始動します。冬場及び、長時間停止後は、チョーク・レバー(図3-1)を押して、スターター・キーを回して下さい。

  注:必ず、サイド・ブレーキ(図5-1)を、引いておいて下さい。

2)運転方法

  エンジンが始動したら、まず、前後進切換レバーを”a”の位置にして、クラッチ・ペダルを踏み、シフト・レバーを”1”

  (キザミを合わす)にし、ブレーキ・ペダル(図3-3)を踏み、サイド・ブレーキをおろして、アクセル・ペダルを、ゆっくり

  踏みながら、クラッチ・ペダルをゆっくり目に、はなしていって下さい。車は前に進みます。後は、順次、シフト・レバー

  を”2”・”3”へとスライドさせて下さい。尚、このミッションの位置は確かめにくいので、ゆっくり確認をして下さい。

3)エンジンの停止

  前後進切換レバー及び、シフト・レバーを、中立の位置にし、スターター・キーを”a"の位置にして下さい。エンジンは

  停止します。

  注:必ず、サイド・ブレーキを、引いておいて下さい。

4)燃料の補給

tank.jpg (16095 バイト)

  ガソリン・タンクは、後部エンジン・ボックスを開けると設置されています。(図7)

  ガソリンは約13リットル入ります。

5)ウォッシャー・タンク及びルーム・ボックス灯

ws.JPG (10201 バイト)

  ウォッシャー・タンクは、図8の様に助手席足元左側に設置されています。

  ルーム・ボックス灯(図8-1)は、レンズ自体を手前へ押せば点灯し、向こう側を押せば、消えます。

6)ヘッド・ライト及び、方向指示器

hd.JPG (8151 バイト)

  ヘッド・ライトの点灯は、まずヘッドスモールランプスイッチ(図2-11)を押してず9のレバー”1”を操作して

  下さい。  a:消 b:ロー・ビーム c:ハイ・ビーム

  方向指示器は、図9のレバー”2”です。 a:右折 b:消 c:左折

7)ブレーキ・オイル

bu.JPG (17733 バイト)

  この車のブレーキ・オイルタンクは、図10の様に後部エンジン・ボックスの向かって左側に設置されていますので

  時々、オイルの量を点検して下さい。

8)ジャッキ

jakki.jpg (23991 バイト)

この車には、付属品として、ジャッキが付いています。ジャッキの取付場所は、上記、図11を参照して下さい。

9)その他

  500Km及び、1000Km時に、定期点検を受けて下さい。